女性が恋愛モードに入っているかどうかの違い、見分け方とは

なんとなく直感的に違いを感じて接しているんですが、恋愛モードの女性とそうでない女性ってどこか雰囲気が違うんですよね。
決定的な決め手が分かる訳ではないんですが、なんとなく「あ、この人は恋愛モードじゃないから口説いても無理だな」とか「この人はデートに誘えるな」っていうのが空気で読めちゃうんです。

でも、何が違うんだろう?
恋愛モードじゃない人ってなんとなくですが「友達関係」を重要視しているタイプが多い気がします。勿論、普通に友達との関係っていうのは大事ですが、恋愛モードじゃない女性って「友達」にこだわる様子があるというか、そういう空気というかオーラみたいなものを発しているんですよね。
逆に恋愛モードの女性って友達関係は勿論大事にするんですが、その中でも自己PRが強い気がします。こう「自分を売り込んでいる」と言ったら失礼な表現になってしまいますが、友達という関係の中でも一歩前に出ている感じがあるんですよね。

そういうちょっとした違いの積み重ねなんでしょうが、やっぱり女性をよく観察していると恋愛モードなのか違うのかが分かるような気がします。

また、恋愛モードじゃない女性に限ってモテたりするんですよね。グループの女性の中でも特に花形というか男性が寄ってくるタイプに限って、はたから見ていると「ああ、その子はいま恋愛モードじゃないからやめた方がいいと思うな~」と感じる事がよくあります。
恋愛モードじゃない女性って男女関係無く友人としての関係が良好だから男性側が勘違いしやすいのかな?

あとはその女性の話をしっかり聞いていると恋愛モードか違うのか分かる部分があると思います。過去に男性関係や友人関係でこじれた経験があったりすると恋愛モードになりきれなくなる女性って多いのではないでしょうか?人間関係に消極的というか、良好な関係を維持する事が大切でそこから突出するような状況を望んでいないような雰囲気があると「あ、これはそっとしておいた方が良いな」と思います。

あくまで個人的な感じなので全ての女性に当てはまるわけではないと思いますが、そういう女性の状態を見極めていくのも男性の恋愛活動にとっては必要なスキルなような気がします。

複数人の女性に同時アプローチするのがセフレ作りの鍵

恋愛とか出会いとか言うとどうしても1人の女性に対してのアプローチを想定しがちですが、個人的には恋愛のチャンスを増やすには日頃から多くの女性に分け隔てなく接する事がとても大切だと考えています。

その最大の理由は「女性同士のつながりの深さ」です。職場、友人、合コンで知り合った女性などなど、出会う女性というのは様々なケースがあると思いますが、その女性の背後には男性が思っている以上に密接なネットワークが存在していると思った方が良いでしょう。
分かりやすいのが職場。例えば総務のA子さんに対して好意を抱いていたとして、経理のB子さんの事は嫌いで接し方が雑だったとします。このA子さんとB子さんが裏でどのような人間関係を築いて繋がっているのか、男性にはおそらく完全に把握するのは不可能でしょう。であれば、A子さんと良好な関係を築くためには一見関係が無さそうなB子さんとも良好な関係を築いておいた方が無難という事になります。

これは実体験ですが、私が職場である女性と親しくなった時に別の女性から「Aさんと付き合うつもりなの?」と聞かれた事があります。私はその時は特にAさんと交際しようとは考えていなかったので「今は分からない。Aさんとは仲の良い友達だけれど、交際に発展するかどうかはもっと時間がかかる問題だと思うから。」と答えました。数日後、私はAさんから「私と付き合うのも時間の問題だよって答えたってどういう事?」と怒られて説明し直すのに苦労したのです。
このように、女性が男性の知らない所でどんな風に繋がっているか分からないし、繋がり方が中途半端だと微妙な情報が拡大解釈されて予想外の事態になる事も充分に考えられるのです。

これは合コンの場や友人関係でも言えます。一見すると繋がっていないような女性同士でも、実は知らない所で繋がっていて連絡を取り合っている可能性は十分にあります。そして、こちらのちょっとした失敗はすぐに共有されて女性のブラックリストに載ってしまうのです。近いところでセフレ作りをすると危険も伴いますね。

結局のところ、日頃からの行いに注意しておくしかない訳ですが、そういう女性同士の思わぬ繋がりというものを考慮しておくのは今後の恋愛においてきっと役に立つと思います。
思わぬところで地雷を踏まぬよう、くれぐれもご注意下さい。

恰好つけると恋愛はうまくいきづらい。

離婚する人は数が多いのですがやはり30歳代で1度結婚しておいた方が良いと思われます。離婚した人の方が再婚する確率が高いのではないでしょうか。知り合いの女性も良い人がいればちゃんと付き合う事が出来ます。まず挨拶は欠かせません。

そして挨拶ができれば良い訳でラブレターをそっと入れておきます。内容は人によりけりですがとにかく恰好が悪くてもまったく変わりません。恰好を気にしていると駄目なんです。スマートな恋愛よりも不格好な恋愛の方が面白い場合があるんです。とにかく恰好を付けるとあまり面白くありません。

熱愛というのは魂を動かせる歌も作れるのです。そして恋愛中の2人はひょっとしたら何も怖くないかもしれませんね。それでその人の近くにいると全て変わってきます。夜景が綺麗によく見えるところや、船上を指定して誘ってみてはどうでしょうか。遊園地でもいいでしょう。

食事は特に気にせずゆっくりしてみましょう。しかし本当は口説くと言うのはそう言う意味合いではないと思います。好きな人がいれば場所など全く関係ないのです。しかし女性が乗ってきそうな言葉と言うのがあります。それを取り混ぜて行くと良いのです。また昼よりも夜を誘うのがいいと思います。

お化粧などが良く見えないと思って行動しやすいと思うのです。それに女性と一緒に服を買いに行くのが良いと思うのです。服はトレンドがありますからそれについて話もできます。これくらいが愛を伝えるところでしょう。

後は将来の事を考えるのがよいですしそうすべきだと思っています。その間にもボディタッチはしておくべきでしょう。そうでないと友達の域を抜け出す事が出来ません。

恋人同士はとにもかくにも一線を超えている訳ですから、女性の歩き方でどの程度の新密度であるか解ると言う人もいるくらいですから、仲が良いとはどの程度なのかなんとなく解るという事でしょう。

恋人と仲の良い夫婦はまた違ってきます。いろいろなケースがありますが本気であれば絶対に何とかすべきです。